絶頂ピストンメソッド 射精コントロール(同時にイク)

ナカイキさせるだけでなく男女同時にイク方法

「絶頂ピストンメソッド」は女性をピストンでイカせる方法の教材ですが、
男性が長持ちする方法、男女同時にイク方法というのも教えてくれます。
>>ずばりネタバレです

イキそうになってしまった、でもまだイクわけには・・・・・。
こんな時あなたはどうしますか?
オナニーならちょっと手を休めればいいですが、セックスではそうはいきませんよね。
でも実は結構シンプルな方法で、イカないようにしながら女性を気持ちよくさせる方法があるんですよ。

男女同時にイク。こんな事出来たら良いですよね?
でも実はこれも割りと単純な方法でできるんです。男と女の「イク」のにはちょっと違いがあるんです。
>>ネタバレ注意です




女性をナカイキさせたい、となると多くの男性は「どんな風にピストンをすれば良いのか」という点に注目しがちだと思います。もちろん、ナカイキとはペニスによる刺激で女性がイク事なのですから、ピストンでうまく性感帯を刺激しなくてはいけません。

しかしナカイキで重要なのはピストンだけではありません。ペニスを挿入する前に必ず行う前戯。
この前戯の時点でナカイキさせられるかどうかが決まってくる・・・というと大げさかもしれませんが、前戯を疎かにしてはナカイキは難しいです。

「絶頂ピストンメソッド」はGスポット刺激によるナカイキをメインとしていますが、第1章はまず前戯の話なんです。前戯でGスポットをしっかりと探り当てて刺激して性感を高めます。
※参考になるサイト:第1章「Gスポットの正しい攻め方」のレビュー(絶頂ピストンメソッド 内容ネタバレ?)

Gスポットはよく知られている性感帯ではあるものの、その位置がしっかりと分かっている人は少ないです。見た目ではっきり分かるようなものではない上、位置に多少の個人差があります。
この前戯でのGスポット刺激が出来るようになるだけで、その後のピストン抜きで考えてもセックスがかなり良くなると思います。

女性をセックスの本番でイカせたいというのは男性なら誰しも思うもの。しかしそれなりにセックスの経験がある男性でも多くの人はナカイキさせる事が出来ていません。多くの人はナカイキさせるための方法を分かっていないからです。
ナカイキについて勘違いされているのが、「激しい刺激をする必要がある」というイメージ。これは全くの間違いです。

AVでは男優が激しく女性のアソコを触ったり舐めたり、あるいはペニスを挿入してのピストンも激しく行って女性が喘ぎ、イってしまうという描写があります。
しかしAVの内容というのはあくまでもフィクションです。男が観て興奮してオナニーをするために作られた映像作品であるため、その描写は派手で演出が入っています。AVのマネをしても本当に女性がAVのように感じたりイったりするわけではないのです。男性はセックスを経験する前にAVを観ているので、知らず知らずに内にこういった間違ったイメージが刷り込まれてしまっています。

またそのAVを観ながら行う行為であるオナニーで、男性は自分のペニスを激しく刺激すると性感の高まりが早くすぐに射精に達してしまう事を知っているため、女性に関しても同じだと無意識にイメージが付いてしまっているのもあるでしょう。

膣内を激しく刺激したからといって女性が大きな快感を感じるわけでもイクわけでもありませんし、また膣内の性感帯が開発されるという事もありません。
※参考になるサイト:「女性をイカせるのに激しいピストンは必要ない」https://www.kishiro-seisaku.jp/

女性をナカイキさせたければ、まず激しい刺激のイメージを捨てましょう。

↑このページのトップヘ